Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Sponsored links
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
第1章 1話
ココからの眺めはこの町の隠れた名所だと思う。

隠れたといっても学校なのだから、一部の人間しか知らないというだけなのだが。

学校の屋上は町を一望でき、心地よい風がよく吹いていてお気に入りの場所だ。
ここにあるのは心地よい風と、ゆっくり流れる雲と、気持ちのいい日ざしだけ。
まるでこれだけが世界のようで。
雲は流れているけど時間は止まっているようで。

ここにいる間は心の中が空っぽになって不思議と落ち着く。

たぶんそんな感じで、好きな場所なんだと思う。


ずっとここに居たいのだが、ここは学校なので生徒は授業を受けなければならない。

「さてと、いくか。」
そうぼやいて、屋上を後にした。

屋上のドアがしまっても屋上には風が吹いていて、そして桜の花びらが風と一緒に舞っていた。



教室につくとオレが帰ってくるのを待っていたかのように黒髪を後ろで結っている女の子が走ってきて

「コラー!私のお弁当を放置してどこいってたのよ!」と、弁当箱を突き出して有馬理央って名前の女の子がいった。

「理央、おまえの弁当はカオスすぎる。それを食べるときがくるとしたら、天に帰るときになってからだ。あきらめてくれ。」

「なによもう!せっかく毎日作ってあげてるのに!」
「いや、休みの日に作られても、、、そもそもなんでオレのために作ってくれるんだ?お金もったいないだろ。」 

その一言を言った瞬間、さっきまで騒がしかったクラスが一気に沈黙をむかえ「はぁ、でたよ。理央ちゃんドンマイ」


と、クラスの至るところで慰めの言葉が理央に捧げられた。

プルプルと理央は震えながら、「ばかー!!」と言いつつ走りさった。



がんばるよな、あいつ。とちょっとだけ理央の努力に感謝した。


無論、理央の気持ちに気が付いてないわけはなかった。
ただ今の関係が楽しくて、長く続いてほしいと願っていたから。
理央をいじって遊ぶのが楽しいという気持ちもあったのは内緒だけど。

でも理央が気持ちを打ちあけてこの関係を進めたい、と言うならオレは、、、


そんなこんなで今日も午後の授業が始まった。







はーい。忘れていた書物w
今からが1章なのでw

先のこと? 僕にもわからんw

プロローグよりは明るいだろ? 
posted by: 神楽・A | 思い付きの文章 | 22:29 | comments(2) | - |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 22:29 | - | - |-
初めましてっつ
素人の偏見ですけど、なかなかGod!な内容ですね
同じ言葉を反復させるのに注意すると良いですよ ♭
| Aria | 2008/07/26 7:54 PM |
感想ありがと〜>< 
参考にするッス! カテゴリーを思いつきの文章になるので、そこにプロローグも乗っているので、お暇でしたらみてあげてください^^
| 神楽・A | 2008/07/27 2:10 AM |